「脱毛エステ」や永久脱毛に関する疑問や悩み、不安なことなど全てお答えします!








脱毛するなら保湿と日焼けに注意!

脱毛するなら保湿と日焼けに注意!

脱毛エステにいくと必ず言われるのが、
「保湿」と「日焼け」の注意事項。

どこのエステでも言われる理由とは、一体何なのでしょうか?

脱毛に保湿が大切な理由って?

まず、保湿から。

保湿が大切な理由は、大きく分けると4つあります。

・乾燥している人は、乾燥していない人に比べて、脱毛時の痛みを感じやすい
・乾燥肌は敏感肌になりやすいため、脱毛による肌トラブルが起こりやすい
・肌が乾燥していると、脱毛の効果が出にくい
・乾燥した状態で脱毛すると、皮膚の回復が遅くなる

また、脱毛にいくと施術前に
必ず肌の水分量をチェックされます。

水分量が規定の値に達していない場合は、
脱毛機の出力を下げられたり、脱毛自体受けられなかったりすることも…

さらに営業の厳しいエステでは、
水分量が足りていないことをいいことに
ホームケア商品のセールスがはじまることもあります。

そんなことにならないように、
脱毛にいく前にできるだけ肌の水分量を多くしておきましょう。

エステなどで肌の水分量を測る機械よりも小ぶりで、
手軽に測れるスキンアナライザーはネットで安く買えるので、
自宅で測りながらスキンケアするといいですよ♪

脱毛中に日焼けしちゃいけない理由って?

次に、日焼け。

日焼けをしてはいけない理由も、大きく分けると4つあります。

・肌が乾燥した状態になり、脱毛時の痛みを感じやすい
・日焼けで肌が黒くなると、脱毛時の痛みを感じやすい
・毛根だけでなく肌にも反応してしまうため、脱毛効果が低下する
・日焼けした直後の肌は軽い火傷を負った状態と同じため、お肌によくない

もし脱毛が完了してないのに、日焼けしてしまったら…。

まずはほてりがおさまるまで待って、しっかり保湿しましょう。

顔用でもボディ用でもいいので、
化粧水で肌に水分補給することが大切です。

水分補給が終わったら、
クリームを塗ってしっかり水分を閉じ込めましょう。

エステでの脱毛中であれば、脱毛前2週間は日焼けを避けましょう。

黒くなるまで焼けてしまうと、脱毛時に痛みがひどくなったり、
ひどい場合は施術を受けられなかったりします。

脱毛中でも日焼けしたいよっ!

どうしても日焼けを避けられないけど、
エステで脱毛したい!という方は、
休会制度のあるところか、回数制のエステを選びましょう。

休会制度のあるところなら
日焼けの季節は休会すればいいし、
回数制のところは予約をいれる時期をずらせば大丈夫です。


エステによっては休会制度を設けていないところもありますし、
休会手続き料が発生するところもあります。

休会できる期間や回数が定められていることもありますので、
契約前にエステにしっかり確認をしてみましょう。


脱毛中の「保湿」と「日焼け」については、
十分に気をつけるようにしてくださいね。