「脱毛エステ」や永久脱毛に関する疑問や悩み、不安なことなど全てお答えします!








契約してから8日以内なら、クーリングオフ(契約解除)できる!

契約してから8日以内なら、クーリングオフ(契約解除)できる!

脱毛エステにいったら、勧誘がひどくて契約してしまった…
予定していた金額よりも、高額な契約をしてしまった…
脱毛に関係のない商品を購入してしまった…

脱毛に限らず、エステ業界は
勧誘・営業がしつこいことで有名です。

そのため、仕方なく契約してしまう人はとても多くいます。

そんな時は、契約・購入日から
8日以内にクーリングオフしましょう!

クーリングオフってなんだろう?

クーリングオフは、そういった勧誘や強引な販売にあったときに、
支払った金額を返してもらった上で契約解除できる制度です。

契約解除なんて聞くと、
難しい書面でのやり取りが必要になってきそうに思えますが、
だれでもハガキ1枚でできちゃいます。

契約内容が納得がいかないものであったり、
欲しくもない商品を購入してしまった場合は、
8日以内にクーリングオフのハガキを出しましょう。

そのとき、事前にエステに連絡をする必要は一切ありません。

クーリングオフって、どうするの?

ハガキに書く内容は、以下の通りです。
契約時に渡された契約書に沿って、書いていきましょう。

[表]
・契約書に記載されているエステの会社住所
・自分の住所、氏名

[裏]
・一番上に「契約解除通知書」と書く
・契約日
・業者名(○○会社)
・担当者名(○○様)
・商品名(プラン名やコース名など)
・契約金額(○○円)
・「上記日付の契約解除をします。」と書く
・「支払い済みの入会金等の振り込み先」と書く
・振り込み先(銀行名、支店名、口座区分、口座番号、口座名義人氏名)

ハガキを書けたら、そのままポストに投函してはいけません

クーリングオフをした証拠をのこすために、
郵便局から配達記録郵便で送りましょう。

クーリングオフしてもダメだったら…?

計画倒産をねらうような悪徳業者でない限り、
しばらくすればエステ業者から連絡がきます。

もし連絡がこない場合は、
クーリングオフしたことを消費者センターに相談しましょう。


[消費者相談センターとは?]
商品やサービスなど、消費者の生活全般に関する苦情や問い合わせなど、
専門の相談員が受け付けて公正な立場で処理をしてくれる機関です。

まずは、近くの消費者相談センターを探し、相談をしてみましょう。
↓近くの消費者相談センターを探す
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html


近くの消費者相談センターがわからない場合は、
消費者ホットラインか国民生活センターでも、相談を受け付けてくれます。

[消費者ホットライン(全国統一番号)]
0570-064-370

[国民生活センター(平日バックアップ相談)]
03-3446-1623(平日のみ)
※受付時間 10:00〜12:00、13:00〜16:00
※土日祝日の10:00〜16:00は、
 消費者ホットライン(全国統一番号)にて受け付けてくれる