「脱毛エステ」や永久脱毛に関する疑問や悩み、不安なことなど全てお答えします!








ジェルのあり・なしの違いって?

ジェルのあり・なしの違いって?

脱毛エステのサイトなどを見ていると、
施術前に脱毛部位に
ジェルを塗っている写真を見かけると思います。

あのジェルは何のために塗っているのでしょうか?

塗らないと脱毛できないものなのでしょうか…

脱毛するには、保湿が大切なんです

脱毛エステでは、脱毛の結果を効果的に出すためには、
脱毛する部位の保湿が必要だと説明しています。

これは、どこのエステやクリニックでも同じです。

それは肌に水分が不足した状態で脱毛すると、
光脱毛でもレーザー脱毛でも痛みを感じやすくなってしまうからです。


また、肌の水分量が十分でないと、
火傷などの肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

そのため、脱毛の施術をする前に、
保湿をしてくれたりジェルで冷却保護してくれたりするのです。

脱毛するには、冷やすのも大切です

しかし、最近ではジェル不要の脱毛機もでてきています。

ジェルは消耗品な上に、脱毛前に塗ったら
脱毛後にはおとさなければなりません。

ジェルを使用しないことで、
コスト削減と施術時間の短縮ができるんですね。

ジェルを使用しない脱毛機は、
その脱毛機自体に冷却機能が備わっているものもあります。

冷却機能がない脱毛機の場合は、
ジェルのかわりにアイスノンのような冷却材で冷やすか、
脱毛機のような大きな冷却マシンで冷やしてもらいます。

もし十分にお肌が冷えてないと…

この中で注意しなければならないのが、
アイスノンのような冷却材で冷やすタイプのエステの場合。

アイスノンで冷やしても、人の体温には個人差があるため
十分に肌が冷えるまでの時間はまちまちです。

もしお肌が冷えていないのに施術を受けてしまうと、
火傷などのトラブルへと発展してしまうのです。

脱毛時の肌の冷却については
施術する側にお願いすることしかできません。

しかし、日ごろから保湿をしっかりしておけば
脱毛によるお肌への負担をへらすことができますよ。