脱毛Q&A

1. 永久脱毛って言うけど、効果は本当に永久的なの?
ニードル脱毛に関しては永久脱毛と言えます。レーザー脱毛・フラッシュ脱毛は歴史が浅く、本当に10年以上たっても 永久脱毛効果があるかどうかが実証できていません。 現在は、最終照射後6ヶ月経過した時点で脱毛した箇所に発毛が見られなければ、 医学的には永久脱毛とみなされます。
2. 何回くらいで効果があるの?
施術する部位や毛の状態、個人の自己処理の程度によって異なります。
平均的には、脱毛の効果を安定的にするために6~8回の施術が必要であると言われています。
3. うぶ毛にも効果があるの?
うぶ毛へ対する脱毛効果は確実ではないとされてきましたが、最近の機械では大分効果が見られるようになって来ています。
但し通常の脱毛と比べて、多少照射回数がかかることもあります。
4. 太い毛と細い毛はどちらが脱毛しやすいの?
レーザー脱毛・フラッシュ脱毛は、黒や茶色の組織に反応しますので、太い毛の方が細い毛よりも色素の量が多く、反応しやすいので太い毛の方が脱毛しやすいです。
5. 脱毛できない場所は?
日々、美容整形の世界は進歩を続けています。 そのため最新の機器の開発で、今までは脱毛が難しかった部位も可能になってきました。 基本的には、全身の殆どの部位でも脱毛可能です。 しかし、今でも乳輪や陰臀部などもともと色素の濃い部分、母斑やホクロなどもともと色素沈着がある部分、 皮膚が大変薄い瞼の上などにはレーザー脱毛やフラッシュ脱毛は出来ません。 これらの部位には、ニードル脱毛がオススメです。
6. 身体に害はないの?
通常、特に身体への害はないと報告されています。 但し、光アレルギーのある方や光感受性のある薬を服用している方はご注意ください。 また、レーザー脱毛・フラッシュ脱毛の特性上、日焼けの影響が強く残っている方、色素斑などの色素性病変がある方、妊娠やその可能性がある方などは、カウンセリングの際に相談して下さい。
7. 痛みは?
ニードル脱毛の影響で、永久脱毛イコール痛みが伴うと思っている方が多いようです。 確かに、レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も1回照射するたびに、ゴムではじかれたような感覚があります。しかし、ニードル脱毛のような強い痛みは伴いません。
8. 時間は?
当サイトではかなりの痛みを伴うニードル脱毛はオススメしませんので、レーザー脱毛・フラッシュ脱毛の施術時間に関してお答え致します。
両ワキ 約5分
両腕(肘から下) 約20~30分
両腕(二の腕) 約20~30分
両足(太もも) 約50~60分
両足(膝から下) 約50分
ビキニライン 約5分
9. どれくらいの間隔をあければいいの?
施術部位や毛の状態によっても異なりますが、毛の周期に合わせて、3週間から2ヶ月以内を目安にして下さい。
10. ケロイド体質と言われていますが、脱毛できますか?
クリニックやエステによっては、テスト脱毛している所もありますので、一度試してみられることをおすすめします。
11. ひどい生理不順で完全に永久脱毛するのはむずかしいといわれた事がありますが、何か関係があるのですか?
生理不順で脱毛できないことはありません。
12. 皮膚に埋もれた毛の脱毛は不可能ですか?
埋没毛も脱毛できます。
13. ワキの黒ずみも脱毛と同時に解消できるのでしょうか?
脱毛はあくまでも毛をなくすことなので黒ずみの治療にはなりませんが、脱毛を受けることで自己処理による肌への過剰な負担がなくなり、皮膚の代謝と共に黒ずみも徐々に改良されることと思われます。
14. ワキの脱毛でワキガが治るというのは本当ですか?
ワキガはワキの毛根にあるアポクリン汗線と呼ばれる皮脂線の存在が一番の原因と考えられています。ニードル脱毛では毛根周辺を広く電気凝固することができるので、ワキガも軽減できます。それはアポクリン汗線の一部も同時に破壊することができるということと、毛がなくなるからなのですが、ほとんどのアポクリン汗腺はまだ、毛穴の奥に残っています。腋臭の治療には、ニードル脱毛を応用した皮脂腺凝固という治療方法があり、手術をしないのに一定の効果を挙げています。
15. 何歳から脱毛できますか?
女性なら、カラダが大人になる18歳頃を目安に永久脱毛を検討したほうがいいと思います。
16. 全身がすごく毛深く悩んでいます。病気とか何か原因があれば教えて下さい。
ホルモンのバランスに異常がある場合もありますので、心配ならば内科または産婦人科等にご相談ください。
17. 脱毛処理に通っている期間中はムダ毛の自己処理をしてはいけないのでしょうか?
レーザー脱毛・フラッシュ脱毛の場合は剃るだけなら構いませんが抜いてしまうと効果がなくなります。
ニードル脱毛の場合は数ミリ伸ばして来店していただく必要があります。
18. 跡は残らないの?
レーザー・フラッシュ照射当日~翌日に人によっては、軽度の赤みがでることがあります。これもほとんど2~3日以内に消失します。稀に、色素沈着や水疱のようにブツブツができ、ヤケドのような跡が出ることがあります。担当の医師またはエステティシャンに相談して下さい。。ひどい場合は医師の診察が必要です。しかしこれも数週間から数ヶ月で消失してしまいます。
19. 火傷はしないの?
軽度の火傷の恐れは確かにあります。
日焼け跡や色黒の人も従来は軽い火傷のような症状(発赤や水疱、色素沈着など)が比較的おきやすいといわれてきました。しかし、火傷が起こらないように十分な注意を払って施術すれば大丈夫です。
20. 脱毛後に注意することは?
脱毛をした当日は、シャワーなどでレーザー・フラッシュ照射部位に熱いお湯をかけたり、ゴシゴシとタオルなどでこすったりしないでください。 また、脱毛後1週間は自己処理をしないでください。更に、レーザー・フラッシュを当てた部分は、日焼けをしないようにご注意ください。
21. 脱毛後の毛の手入れは?
レーザー照射時に、もしも脱毛がうまくできなかった場合でも、2~3日以内に自然に抜け落ちることがよくあります。そのため、自己処理をしないでください。それ以降に残った毛に対しては、照射後1週間以上の間隔を置いてからであれば、自己処理をしてもかまいません。
22. クリニックでの脱毛は健康保険は使えますか?
脱毛は医療行為ですが、体毛が生えていること自体は正常なことなので、健康保険は使えません。
23. 脱毛エステ・クリニックによって値段がまちまちですが、適正価格はどのくらいなのでしょうか?
脱毛は保険診療扱いではないので、料金はクリニックが自由に設定することができます。
そのため、適正金額というものもありません。
まずカウンセリングを受けていただき、そのとき納得できるような料金や脱毛に関する説明のあるエステ・クリニックが良いと思われます。
なかなか行けないようでしたらメールなどでエステ・クリニックへ具体的に質問されることも良いかと思います。
24. レーザー脱毛の機械にはどういったものがあるの?
レーザー脱毛の機械には
・ルビーレーザー → 古い
・Qスイッチヤグレーザー → 治療効果が長続きしにくい
・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー → 日本人を始めとしたアジア人の肌質や毛質に適し、高い脱毛効果を得られます
などがあります。
25. どうしてレーザーや光で脱毛が出来るんですか?
毛の組織には黒い色素(メラニン)が含まれています。
レーザー脱毛・フラッシュ脱毛は、メラニンをレーザーや光で破壊することで、毛の組織にダメージを与え、 永久的な脱毛効果を得ようとするものとされています。
また、レーザーや光で脱毛しますので、周囲の皮膚を傷つける心配が少ないのも特徴です。